私の好きなプロスポーツ選手に上原浩治という選手がいます。

この選手は巨人でエースとして活躍し、現在はメジャーリーグ屈指のストッパーとして大活躍している選手です。巨人からメジャーで活躍…なんともエリート街道をまっしぐら進んでいるように見える上原選手ですが、彼の最も有名な言葉に「雑草魂」という言葉があります。

実は上原選手はエリートでもなんでもありませんでした。

高校時代は控え投手で大学卒業後は体育教師を目指していたくらいです。

人生の転機というのは思わぬところで変わるものです。
上原選手は志望していた大学の受験に失敗してしまいます。
これが19歳の頃でした。

この受験失敗を気に一念発起し、ジムで体を鍛え、工事現場のアルバイトでお金を稼ぎ、予備校で勉強を頑張りました。その結果、翌年は見事大学受験に成功します。

そして、これからが彼の人生の面白いところなんです。

大学進学後に野球部に入るのですが、ジムや工事現場で鍛えられた体のおかげで球速がものすごくアップしていました。大学では主力投手として活躍し、プロ野球のスカウトから注目される的になります。

あの大学受験失敗の一年が彼の人生を大きく変えたエピソードです。

そして、上原選手の背番号の19、あれは19歳の頃の悔しさを忘れたない為のものだそうです。

エリートでもなんでもない雑草でも。頑張れば巨人のエースにもなれ、そしてメジャーでも活躍出来るということを体現したのが上原選手なんです。

頑張っていればいつか花は咲く。
まさに下に伸ばした根が大きな花を咲かせたエピソードですよね。

夢は諦めてはいけません。
とにかく精一杯やってみることが大事だと思います。
そうすれば結果は後から付いてくるのではないでしょうか。

悩み・コンプレックス

嘘は悪いことと言いますが、果して全部の嘘が悪い嘘だと言えるでしょうか。
私は全ての嘘が悪い嘘だとは思いませんし、ついて良い嘘はあると思います。

ついて悪い嘘は、その嘘によって傷を付けてしまうことや、損をしてしまうなど、他人に迷惑がかかる嘘を言うと思います。逆について良い嘘というのは、その嘘によって余計な心配や不安を防げるというときだと思っています。

例えばガンの人がいたとします。
そして余命1年だとしましょう。

あなたはそのガンのことを伝えますか?
余命1年だということを伝えますか?

私なら伝えません。
嘘をつきます。

この事を伝えたところで誰も幸せになりませんし、
ガンである人もこの事実を知ってしまったら生きる気力が無くなってしまうと思うからです。

病は気からという言葉がありますが、
もしかして治るかもしれないものを否定するかのように余命1ヵ月まで伝えてしまうのは何とも酷なことだと思います。本当のことを伝えることが全て正しいとは思いません。

つまり、ついて良い嘘はあると思うんです。
良い嘘というものがあるのであれば、私にとってはついて良い嘘というのが良い嘘になります。

悪い嘘は人を傷つける行為の嘘です。
心の傷、経済的な傷、身体的な傷…色々ありますが、そういう傷をつけてしまう嘘は悪い嘘と言えると思います。

良い嘘はつき、悪い嘘はつかないようにしましょう。

仏教の言葉で因果応報という言葉があります。
悪いことも良いことも全て自分に返ってくると思って、
素晴らしい人生を生きていきたいですね。

悩み・コンプレックス

このブログの運営者です。
このブログのタイトルになっている言葉は、ある歌の歌詞になっているものです。
私自身、すごく感銘を受けたのでこのブログのタイトルにしました。

上に花咲かぬなら
下に根伸ばせばいい

この言葉の意味は、これまで苦労を重ねてきた人には何となく伝わると思います。

不器用で真面目な人にこの言葉は沁みてくるのではないでしょうか。

いくら頑張っても評価されない人がいます。
平気で嘘をつかれる人がいます。
あいつはバカだと吹聴され最初からバカだと思われている人がいます。

本当は違うのに…。

でも、そんなものは結局は表面的なものです。
他人の評価や偏見により花が咲かくても、
自分なりに納得して頑張って根を伸ばせばいいんです。

給料は上がらないかもしれません。
周りからはバカと言われるかもしれません。

しかし、確実に自分の力にはなっています。
根は育っています。

大きく育った根が咲かす花はそれはそれは大きい花でしょう。

根を育たせることが出来たら、
後は本当に信頼出来る人を見付けることだと思います。

叩いてのし上がるような人間と一緒では、
あなたの花はいつまでも咲くことはないでしょう。
足の引っ張り合いをしても意味がありません。

自分のことを理解してくれ、
そして自分も疑うことなく精一杯信じることが出来る相手を見付けることです。
もしくはそういう本当に良い会社に巡り合うことです。

今は理不尽なことと感じるかもしれませんが、
今は耐えて耐えて耐え抜いて下さい。
きっと花が咲く時が来ます。

涙の数だけ…というと少し言葉がくさいですが、
でもそれは本当です。
涙の数だけ大きな花を咲かすことが出来るでしょう。

今はとにかく自分の根を大きく育てて下さい。

上に花咲かぬなら
下に根伸ばせばいい

悩み・コンプレックス